読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人見知りの行方

ある日、ユーリ先輩(仮名)がやってきて、おもむろに社内販売コンクールの話を始めた。

「人見知りには辛いイベントなのですが、この会社にいる以上、やはり全力を尽くさねばなりません」

そこで、私は「私も人見知りなので、あまりその手のイベントは得意ではないのですが・・・」と言ってみた。

 

「それは置いといて」

「いえ、元に戻して」

「では、間をとって、そこの棚に上げておきましょう」

 

そんなやりとりの挙げ句、私の「人見知り」は某ドラッグストアの棚上の在庫になった。それ以来、私の「人見知り」を見た者は存在しない。